Champion’s watch

少し前の話ですが
2008年全日本MX最終戦のIA2ヒート2のチェッカーが振られた瞬間
僕はオーストラリアから観戦に来たTKの父、勝谷さんの隣に居ました。

おめでとうございますと声をかけようと思ったが、かけたかどうかは覚えていない。
勝谷さんはTKがチェッカーを受けた瞬間からなぜか何も言わず渋い表情で腕時計をカチャカチャいじり続けていた。
どうやらベルトの長さを調整している様だった。
レース中も殆ど口を開かず、ひたすら静かだったがヒート2が4位でのチャンピオン決定が気に入らなかったのだろうか?それとも本当は嬉しいけど照れ隠しなのだろうか?

表彰式が終わる頃ようやく勝谷さんが声を発した。
「これあげようと思って」
手にしている時計は良く見るとロレックスだった。


モトクロスの為に家族でオーストラリアに移住して20年の勝谷さん一家
人生にこんな瞬間を持てる人はそう居ないと感じた。

New year’s first sunrise

あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願いします

元日の朝、辻堂海岸から見る初日の出。

西側を見れば朝焼けに染まる富士山。
美しい日本の正月。


富士山を近くで見たくなり、箱根へ。


富士山と嫁さん。


富士山と私。